謎はすべて解けた RAVPower PD Pioneer 10000mAh 編

 omars POWER SURGE 10000が手に入らなくなっています
 軽量で高出力可能なモバイルバッテリーがあり早速購入しました

※クイックチャージはQCと略します
 USB Power DeliveryはUSB-PDと略します

 omars POWER SURGE 10000が購入不可になった様で代替機を探しました
 現状10000mAhクラスは18W出力以上の物は機種が限られる様です
 今回購入した物は色々噂されてはいますが…USB-PDにて14.5Vが出力出来るので購入して使ってみます

 

 購入はAmazon.co.jpにてSunvalley Brands Gazietto販売の物をタイムセール価格で2999円で購入しました
 記事掲載時点では3999円で販売されています
 月末に1000円OFFクーポンが出ていることが多いです

 同じデザインで10000mAhと20000mAhもあります
 まずは外見から

rav3.jpg

 入出力端子部分

rav port.jpg

 USB端子は2か所あり左側のUSB-C端子がが入出力両対応端子です

rav ind.jpg

 残量表示は4つのLEDの数で表示です

 本体表記部分

rav re.jpg

 表記内容は商品説明と同一です
 名前が長いのでPB186と略します

 アマゾンの商品説明から一部抜粋
 ~ここから~

***商品仕様***

サイズ:約 111 x 51 x 25 mm
重量:約 187 g
バッテリー容量:10000mAh / 36.3Wh
充電時間:3.5時間(18W出力以上のPD対応USB-C充電器で充電した場合)
⼊⼒ポート:USB-Cポートx1 (USB-C:⼊出⼒兼⽤仕様)
出⼒ポート:2 ポート (USB-C、USB -A)
USB-Cポート⼊⼒ (PD対応) :最⼤18W (5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
USB-Cポート出⼒ (PD対応) :最⼤29W (5V/3A, 9V/3A, 12V/2A, 14.5V/2A)
USB-Aポート出⼒ (QC 3.0対応):最⼤18W (5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
合計最⼤出⼒:最⼤29W (USB-Cポート PD 18W+USB-Aポート 5V/2.1A)

 世界最小最軽量クラスの29W出⼒のPD対応10000mAhモバイルバッテリー
 10000mAh最⼤29W級の⾼出⼒を備えたモバイルバッテリーとしては世界最小&最軽量クラス(※2019年11月時点・⾃社調べ)

セット内容
RAVPower モバイルバッテリー本体RP-PB186
USB-C & USB-Cケーブル
カスタマーサポートカード
キャリーポーチ
取扱説明書(日本語含め)

 ~ここまで~

rav1.jpg

 サイズや重量は30Wクラスにしては小さく軽いです

 ○USB-PD出力について

 PD29W側は色々な急速充電規格に対応していました
 本来はUSB-PDの規格以外の対応はダメですが私は利便性があって良いのではと思います

 ○USB Power Delivery対応18W充電器でのチャージ時間は3.5時間?

 各充電器での残量0から満充電までの実際の時間は以下の通りです
 USB Power Delivery対応の充電器の場合
 12V 1.5A(18W) 約2時間40分
 9V 2A(18W) 約2時間45分

 USB Power Delivery非対応の充電器の場合
 5V 2A(10W) 約4時間25分

 USB-PD対応で18W以上の充電器が実用に向いています

 ここから他の方は調べていない?うちの売りの部分

 私の所有する個体自体の問題や不具合又は故障の可能性もあります
 参考程度に読んでください

 最大出力(29W)時発熱により出力制限がかかる

 29Wで出力時は発熱が酷く出力制限が掛かかりました
 発熱制限は熱が逃げやすい様にして使った場合約1時間使用後に制限が掛かりました
 1時間は全容量の95%出力時での制限になり実際の使用では問題にはなりません

 ポーチや鞄に入れて使う場合は制限までの時間が速くなります

 15Vの設定が無く14.5Vというミニ四駆で使われる充電器には都合の良い謎の電圧があります
 USB Power Deliveryでの急速充電を使う場合USB-PDの充電器は相性が出づらく60Wのコレは問題が無く使えました
 
 使ってみた感じ重さが数値以上に軽く感じます

この記事へのコメント