謎はすべて解けた cheero Power Plus5 Premium 20000mAh 編

 60W出力可能なUSB Power Delivery対応モバイルバッテリーが売られていたので購入しました
 USB Power Delivery対応モバイルバッテリーで60W出力可能な物は未だに種類が少なく中々出てきません
 時々探してはいましたがcheeroで結構前に販売されていた様ですが気づいてませんでした

 ※以下USB Power DeliveryはUSB-PDと略します

 追記

 検証に使用した私の個体は不良品かもしれません
 充電時の通信バグと明らかな容量不足がありました
 参考程度に読んでください

 購入したのはコチラで6154円で購入

 

 同じデザインで10000mAhと15000mAhもあります
 まずは外見から

powerplus56.jpg

 入出力端子部分

powerplus54.jpg

 残量表記は数値表示です
 USB端子は3か所あり真ん中が入出力両対応端子です

 本体表記部分

powerplus55.jpg


 表記内容は商品説明と同一です

 名前が長いのでPremium 20Kと略します

 アマゾンの商品説明から一部抜粋

 ~ここから~

***商品仕様***

【製品名】 cheero Power Plus 5 Premium 20000mAh with Power Delivery 60W

【型番】 CHE-109

【入力】USB-PD : 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A (60W max)

【出力】USB-C1 PD : 5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A (18W max)

USB-C2 PD : 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A (60W max)

USB-A : 5V/2.4A max. (Auto-IC機能搭載) (3 Ports total 90W)

【寸法(本体)】 約 153 × 68 × 25 mm

【重量(本体)】 約 418 g (実測)

【付属品】

・本体充電用USB-C to USB-Cケーブル

・取扱説明書 , 保証書(1年保証)

 ~ここまで~


powerplus53.jpg


 説明文が微妙におかしいのは…まあ愛嬌で
 USB Power Deliveryの出力は2ポートあります

powerplus54.jpg

 サイズや重量は60Wクラスにしては小さく軽いです
 20000mAhクラスのUSB-PD対応モバイルバッテリーは550g程度の物が多いのでかなり軽いです

 ○USB-PD出力について

 PD18W側は色々な急速充電規格に対応していました
 本来はUSB-PDの規格以外の対応はダメですが私は利便性があって良いのではと思います

 PD60W側はUSB-PDの規格とUSB-DCP規格のみ対応です

 モバイルバッテリーで稀に機能として付いている入力と出力を入れ替えるコマンドでパワーロールスワップ(PR SWAP)の機能はありませんでした
 入出力の切り替えはケーブルを抜き差ししてやると入力と出力はほぼ交互にすんなり切り替わりました
 出力優先や入力優先は特に無いようです

 ○多ポート同時出力で使える電力は90W

 アマゾンの説明文や本体付属の説明書には書かれていませんが出力制限があります
 残量表示の残量が残り9以下になると60Wポートのみ24Wまで出力が低下します(24Wになる様にPDOが再通知される)
p5 gra.jpg
 実際は残り容量4%以下なので実使用では問題にはならないと思います

 ○USB Power Delivery対応60W充電器でのチャージ時間は2.1時間?

 各充電器での残量0から満充電までの実際の時間は以下の通りです
 USB Power Delivery対応の充電器の場合

 20V 3A(60W) 約2時間5分
 20V 2.25A(45W) 約2時間25分
 15V 2A(30W) 約3時間15分
 9V 2A(18W) 約5時間20分

 USB Power Delivery非対応の充電器の場合
 5V 2.4A(12W) 約9時間10分 約7時間10分

 最低でも30W以上の充電器が実用に向いています
 5V充電時はログから拾いましたが満充電がわかりづらいので多分の時間です

 追記

 私が最近発見したブログの方も是非参考に


 ここから他の方は調べていない?うちの売りの部分

 蓄電量が明らかに足りない

 私の個体が不良品の可能性がありますが流石におかしな数値が出ました
 このモバイルバッテリーは74Whの蓄電量があります
 充電器で空から5回ほど充電しましたが70Whしか入りません

 何故に74という大きさの入れ物に詰め込んでも70しか入らない?

 変換率が良い物でも95%なので74/0.95≒79
 79Whは最低でも入らないと変です

 出力も85%は出そうな構造なので74×0.85≒63
 63Whは出てもおかしくないです

 容量が20000ではない可能性が高いですね

 充電入力と放電出力から算出すると…
 充電入力効率が93%としたら

 70×0.93=65.1Wh

 65.1Whと蓄電量を仮定して出力変換率を計算すると

 57/65.1=87.6%

 65Wh位ですね(3.7V 17560mAh)

※参考にこのブログで良く出てくるOmarsの20000mAh(72Wh)の実測数値は

 出力 62Wh 入力 77Wh

 計算すると 出力 86% 入力 93.5%

 この効率なら72Whで納得できますよね

 容量サバ読みすぎだろ

 気のせいか不良品かもしれませんが…多分気のせいじゃない

 今計測中のhelper20000mAhもOmarsと数値は近い…あっ次の記事バレましたね

 helperは出力 62.3Wh 入力 76.5Wh

 間違いない不良品だ

 くれぐれもこの記事の数値使って販売元のcheeroさんに特攻はしないでくださいね

 単なる不良品ですから


 パススルーには対応していません

 Premium 20Kを充電しながら残り2つの出力ポートから出力は出来ませんでした

 本体充電完了後でも電流が流れ続ける

 大容量高出力モバイルバッテリーでは満充電後も微量ですが電流が流れ続けるものがあります
 このPremium 20Kも流れ続けます
 充電完了後も流れる電力は約1.2Wです(充電電圧で電流は変わる)

 何故か従来の5Vの充電時のみPremium 20Kを充電器に繋いでおくと充電完了後本体が温かくなりました

 USB-PD対応充電器で充電した場合は発熱しませんでした
 黙って30W以上の充電器を使いましょう

 相性問題について

 USB Power Deliveryの出力自体は私が使っている物では相性問題が出ませんでした

 過去にテストしたSmartlessの65Wモバイルバッテリーは相性問題が出たので相性問題で悩んでいる方は是非使ってみてください

 USB Power Delivery対応充電器とは相性がありました

 通信ログを見ていると充電器によっては永遠にリセットしていたりがありました

 xiaomiの45WチャージャーCDQ02ZMで時々45Wでは時々充電できませんでした
 ネゴシエーション後何故かPremium 20K側で20V 3Aで充電しようとして稼働停止する事がありました

 またアマゾンで売っていたUSB-PD45Wシガーチャージャーでは必ず50W以上で稼働してしまい給電が停止したりしました


 PDの通信ログを見ていると明らかに通信異常がありました

 ①まず普通にやりとりをして20V 2.25A(45W)で充電器に出力をお願いする
 ②充電器側が出力準備出来たよ~と通信する
 ③Premium 20Kが返答せずにリセットが掛かる
 リセットが掛かった後にPremium 20Kは20V 3Aで勝手に受電を開始
 ⑤充電器が過大出力を検知して出力低下後シャットダウンする

 USB-PD45Wの変わった充電器では充電が遅くなる

 USB-PDで45W迄のアダプターは本来20Vには規格上対応する必要はありません
 15V 3Aが必須で20Vはオプションです

 Premium20Kは45WアダプターでUSB-PDの15V 3Aとオプションで20V 1.8Aに対応するアダプターを使うと何故か20V 1.8Aを選択します
 わたしの手元にある45W以上で充電出来るモバイルバッテリーはこのアダプターを使うとすべて15V 3Aを選択しています

 おかしな動きがあるので60Wの充電器が無難ですね
 任天堂スイッチのアダプターで充電は可能でした
 USB Power Deliveryでの急速充電を使う場合USB-PDの充電器は相性が出ましたが60Wのコレは問題が無く使えました

 

 使ってみた感じ重さが数値以上に軽く感じました
 価格も60Wクラスでは安い方です
 軽いUSB-PD 60Wのモバイルバッテリーを探している方にオススメです

"謎はすべて解けた cheero Power Plus5 Premium 20000mAh 編"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。